山葡萄で籠編み 青海波とうろこ網バック

  • 2019.08.14 Wednesday
  • 11:44

JUGEMテーマ:ゆるゆる手仕事。

 

今年の夏休みのお話し、

夜時間があったら、長野花園居(かぞおのきょ)のほうで夜、編み編みしようと

材料を送ってみたのですが、

 

編み始めたとたん、気が付いた。


あまりに働きすぎて、

疲れてもう手が動かないことに。。。


ということで、夏休みの編み編みはここまでで、東京に送り返す羽目に。。

 

そしてさらに気が付いたことにこのブログ、投稿せずの未完成のまま2か月以上もほおっておいたのを先程気がつくというていたらくでした😅…。すみません。

 

 

 

これは5ミリ幅のうろこ網です。


 


7.5ミリ幅のものを昨年、最初につくっていましたが

あまりに具合がよく、使い勝手のよさから母に取られてしまいましたので自分用に作っていたわけです。

 

ただし、5ミリ幅になると結ぶうろこ網の結びの数がものすごく多くなります。

 

感覚で申し訳ないですが、3倍時間がかかったような気がします。

 

で、出来上がったのがこちら

 

 

 

繊細でしなやかで、

脇にかかえても、

ほおり投げても大丈夫な

山葡萄の5ミリうろこ網。


うち袋をどんなふうにつけようか、、と思っているうちにもう10月も終わりになってしまいました。

 

 

でも大変使いやすく、ここだけのお話ですが、

自分で毎日使うバッグとしてはこれ以外はないかな、、と思っています。

 

 

 

さて、この夏にはもうひとつの青海波網のほうもあみあみしていました。

 

こちらも2作品目です。

去年、1作目を作りましたが、忘れてしまい

夏のお教室のとき、底から始めました。

 

下の写真はそこ網をしています。

 

 

 

底を編んだら、二本縄網で5段ほど立ち上げてから、

周囲をぐるぐると青海波網をしていきます。

 

単純に見えて、

3.5mmの細いヒゴを使うので一段編んでも一向に進みません。


でもって、1回間違えると間違えたまま立ち上がっていくので

けっこう気を使います。

 

途中で間違えて編みなおしたことも、何度か。。

 

 

 

さて、間違いをなおしつつこちらもなんとか仕上がっていました。

アップし忘れていたのは同様です。


うち袋の布ですがこちらはどうしようかなと思案中。

タッサーシルクの白で前回うち袋をつくりました、
雰囲気よかったのでそれもよいのですが、
お気軽用に藍の古布でも使ってみようかなとも思っています。



だいぶかごがたまりました〜。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM