2019新春歌舞伎に行ってきました。

  • 2019.01.12 Saturday
  • 23:53


久しぶりに新春歌舞伎に行ってきました。

 

偶然にも歌舞伎座 西の3階観覧席4枚が空いていて即押さえた席。夜の部です。
 

花道はみえませんが、その分お安い。

 

 

花園居では冬は作業も雪かき以外にはあまり無いので、東京での正月らしい観劇にも行くことができました。

ということで、今回は東京での忘備録となります。

さて今回の演目は
・絵本太閤記
・勢獅子
・松竹梅湯島掛額
でした。


 
歌舞伎座内は正月らしく華やかな雰囲気で、そういった雰囲気を上の階から見れるのも
また愉しみの一つです。
 

絵本太閤記は明智光秀の本能寺の変、以降の光秀一家の苦悩を描いた名作。
 

歌舞伎では歴史上の人物は少しづつ名前を変えて登場しているのですが、
今回の明智光秀は、武智光秀。
配役は大好きな中村吉衛門です。
 
いかなる理由があろうとも、主君を打つとは鬼畜生にも同じとばかり、ののしる母の皐月(息子の光秀に間違って竹やりで突かれてしまうのですが。。)や、
妻の操の苦しみも丁寧に演じられていました。
今をときめく美しい光秀の息子、十次郎には松本幸四郎が演じています。
その十次郎はまた美しき幼馴染でいいなずけの初菊と祝言をあげつつも、その杯が初陣となる別れの杯となってしまうという、
光秀一家の謀反人としての悲しさが演じられていて
悲しいながら美しく、ずっとひきつけられてしまいました。

 

 
さて、幕間のお弁当も愉しみ。
 
今回は、京都茶懐石の三友居さんへ予約しました。
東京だと松屋の地下にあり、高輪へのお店はまだ伺っていませんが、東京でもその味が楽しめるお店があるとのこと。
畠山美術館も傍にあります。今度行ってみたいです。

さて、三友居さんのお弁当はこちら


みえにくいですが、筍の飾きり「亀」はどうやって作るのかしら、、と最後までとっておきましたが
やはりパクリと食べきりました。

美味しかった。この雰囲気だから余計に美味しく感じたのかも、です。
 

3階席ということで、ぎゅうぎゅう詰まった感じはありませんから
リラックスしていただけました。
最初の幕間の後は華やかな江戸のお御祭の風情の「勢獅子」
鳶頭と鳶、芸者による舞と獅子舞もあいまって一気におめでたいなごやかな雰囲気になります。

鳶頭の中村芝翫さんをずっとオペラグラスで追いかけていて、気が付いたことが、、
腕のところ、半被で隠れて本当にわずか1センチしか見えないくらいなのに、、
ちゃんと鳶の親方らしく入れ墨の絵が描いてあるのを発見!!

他の鳶の方はそこまでは化粧されていないのに、、、
やはり、芸とはそういうものかと、感心しきりでありました。

幕間の間にパチリ。です。
皆さん、それぞれにお着物で。


 
さあ、最後は松竹梅湯島掛額です。

注目は八百屋 お七の火の見やぐらの「浄瑠璃」伊達娘恋緋鹿子の場面。
前半のちょっとおきゃんで微笑んでしまう場面とはうって変り、
八百屋お七が恋する人の元へ行きたいばかりにご法度の火の見櫓の太鼓を打ち鳴らす場。
七之助さんはその場面を人形浄瑠璃のまさに人形の動きで演じます。

歌舞伎では『人形ぶり』として演出のひとつとしてあるそうですが、私は初めて見ました。
 
不思議なことに、
 
人気を殺して、人形の動きになりきることで、逆により一層、お七の恋心というか、情念が倍増されて
身の毛がよだつ感じさえしました。。
本当の浄瑠璃をみているような気がしてきます。。


あ〜、良かった。
とにもかくにも美しい舞台、雪と浅黄色鹿の子の着物も可愛らしくて美しいし。。
歌舞伎や浄瑠璃はストーリーとしては悲しいものが多いので
ちょっと引けるという方も多いのでしょうが、
本当に日本人の沈美眼を表現して、美しく仕立ててくれるので私は大好きです。

戦や争いのないのはほんのここ70年ちょっとであることを考えると
ほんの少し前までは死生観ありながら皆生きていたんでしょうねえ、、と思うばかりでした。

十分、満足して、感動してご一緒した皆さんで
新年飾りの前でパチリ。

 

 



わたしも普段は着ないような少々派手目な着物をきました。
箔と日本刺しゅうと汕頭の職人さんの超雑技巧の着物。

なんとはなく、おめでたい感じもでていいかな〜と。

 


冬季の間は時間があればちょくちょく意識して

和の芸能ものをまたみたいなあと思っています。
 
玉三郎の京都公演、南座であるのですが、行ってみたいな〜と妄想しています。
 
そういえば、今日海老蔵さんが、団十郎襲名の発表をなさっていましたね。
歌舞伎もますます人気になりそう。
 
意外と一人でじっくり、あるいはさらりの歌舞伎もお勧めです。
席のお安い幕見席は1000円くらいからあるみたいで。
4時間も時間ないときなど、ちょこっと映画より気軽に見れるなんてありがたい、ですよね。
私も、ちらっと時間あるときなどは立ち寄ってみようかな〜と思ったしだいです。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM