新米 亀の尾を炊いてみた。【花園居(かぞおのきょ)古民家改修レポート】

  • 2017.11.13 Monday
  • 17:19

JUGEMテーマ:オーガニック


自分で作った亀の尾を、精精米して炊いてみました。
長野では、米の鮮度を保つためほとんどが籾で保存。食べる時に精米するという習慣です。
ここはハレの気持ちで、籾30キロを抱え初めて籾摺りの体験をしてきました。
で、すりあがった亀の尾がこちらです。
感慨のひとしお。
ビギナーズラックともいうべきか、我が子可愛さか、亀の尾独特の無垢な甘味が柔らかく
感じられる仕上がりになっていました。
土鍋で炊いてみたのですが、
最初はガスで強火で、あとは弱火のストーブの上で置いておくだけという
非常に簡単な炊き方でトライ。
輪島の海塩をひとつまみも忘れずに。
ぴかぴかの亀の尾が炊き上がりました。
嬉しいものですね。
おこげの香りも移ってさらに良し。

でもここは冷静に諸先輩方の美味しいお米と食べ比べ。
コシヒカリも無農薬・ケミカルフリーでトライしてみて、
やっぱり甘味とむっちり感がコシのほうが強いなあと思いました。
どちらが好きかはやはりお好みしだい。
今までは玄米飯がほとんどでしたが、
やはりハレの日の銀シャリも捨てがたいものがありますね。
日本人にはお米を感謝して食べるというとってもまっとうな感性が強く残っているような気がします。
特に、米を作れる!!作ったぞ!!
といういう貴重な体験が苦労しながらも出来たので、なおさらだったのかもしれません。
そんな気持ちを込めて、亀の尾・コシヒカリをオーダーしてくださった方には
熨斗で稲穂を包んでお送りするつもりでいます。
お愉しみに!!
年末にはこの亀の尾で、スペシャルな麹作りをしてみようと思います。
そちらも愉しみ。
食と土地と人が循環している事を体験できることは本当にありがたい事だと思い、
お米をかみしめて食べてみました。
あ、昨日のおかずですが、うちで採れた春菊とネギもた〜っぷり
肉はグラスフェッド信州牛を奮発して(切り落としだけど)ひとりすき焼きと気張りました。
(写真はがっついて食べていたのでなしということで。。)
美味かった。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM